演歌・民謡歌手 山本謙司(やまもと けんじ) 公式サイト

MENU

山本謙司のプロフィール

津軽・南部民謡歌手

本  名:山 本 謙 司
生年月日:昭和18年3月28日
出身地 :青森県西津軽郡森田村芸暦

 

<主な所属>
全日本民謡連盟 会長
青森民謡協会 正会員

 

<時の流れ>

 

小さい頃より民謡・浪曲・歌謡曲を好む

 

昭和33年 大阪へ
集団就職で大阪へ。住み込みでクリーニング店で働く傍ら歌の勉強に励む

 

昭和35年 初めてのテレビ出演

 

昭和35年 初めてのテレビ出演

 

17歳の時、初めてのテレビ出演 津軽山唄で全国2位 (素人名人戦)

 

昭和39年 上京
歌手を目指し東京へ。牛乳配達をしながら歌の勉強に励む

 

昭和40年 オーディション合格へ

 

 

2月 NHKオーディション合格(大利根月夜/男の舞扇)
5月 NHK邦楽オーディション合格(津軽山唄)
8月 フジテレビ民謡名人戦 9代目名人(津軽木挽唄)

 

昭和43年 デビュー

 

(財)日本民謡協会全国大会個人の部で優勝「ホーハイ節」
奥南部民謡名人 夏坂菊男氏に師事
津軽民謡 国風流名人 成田雲竹氏に師事

 

昭和44年3月 東芝レコードより「謙良節・ホーハイ節」でデビュー

 

 

昭和49年〜56年 海外公演
山崎栄二氏団長として世界各地で文化使節団として海外公演を行う。

 

昭和50年 津軽民謡名人節男で有名な中村隆志氏に師事

 

昭和51年〜 民謡ブーム 全国公演

 

民謡ブームが到来、その勢いに乗りフジテレビ「スターどっきり生放送」のレポーター、NHK「民謡生放送」の司会等で出演する。岸智恵子氏と全国公演を16年にわたり行う

 

昭和57年7月 リサイタル
初めてのリサイタルをナカノサンプラザホールにて行う。アルバム8枚シングル50枚を発売(東芝EMI)

 

昭和58年 民謡会を設立
山本謙司民謡会を結成、以後、毎年発表会を行う。

 

平成3年6月23日 30周年リサイタル
歌手生活30周年のリサイタルを中野サンプラザホールにて行う。

 

平成9年 津軽慕情(作詞平山忠夫・作曲遠藤実)発売

 

平成12年9月 ビクターレコードへ移籍
ビクターレコードへ移籍し、「津軽民謡集」を発売

 

平成12年10月 (財)日本民謡協会より技能賞を受賞

 

平成13年 「奥南部民謡集」発売

 

平成17年8月 徳間ジャパンコミュニケーションズへ移籍
移籍後、「津軽慕情」を再発売

 

平成19年3月 松尾芸能賞 優秀賞を受賞

 

平成20年6月 「津軽慕情/南部望郷歌」再々発売

 

平成20年12月 日本大衆音楽文化賞 優秀賞受賞

 

平成20年 全日本民謡連盟会長就任

 

平成21年7月 「みちのくの春/勝海舟」発売

 

平成23年9月 「津軽の灯/ご一緒音頭」発売

 

平成24年12月 「山本謙司全曲集〜津軽の灯〜」